バストサイズ,理想

理想のバストのためのケア方法!

バストには理想のサイズや理想の形がありますよね。


その理想のバストに近付くためには
毎日のケアが欠かせません。

 

ケアを怠ると、バストを支える役目のある
クーパーじん帯がダメージをうけて
切れてしまったり、伸びてしまいます。

 

クーパーじん帯は一度損傷して切れたり、伸びたりすると、二度と元の状態に戻ることはないと言われています。

 

そして、ダメになってしまうといわいる「垂れ乳」という
状態になってしまうのです。

ピンキープラス

理想のバストになるために守るべき習慣

 

バストが垂れないじょうに、クーパーじん帯の損傷を防ぐには

バストを揺らさない

 

筋トレをする

 

ブラジャーをつける

 

という3つの習慣が大切になります。

 

まず、バストを揺らさないということですが
激しい運動や走ることによって、バストが
上下することによってクーパーじん帯が
どんどんダメージをうけてしまいます。
ダメージをなるべる受けないようにするために
スポーツブラなどをつけて、しっかりバストを固定する必要があります。

 

そして筋トレですが、大胸筋を鍛えることです。


大胸筋を鍛える筋トレはそんなに難しいことではありません。
腕立て伏せが最も簡単かつ効果的な方法です。

 

大胸筋を鍛えるためといって
100回、200回もやる必要はありません。

 

ムキムキになることが目的ではありませんので
一日10回程度と考えて大丈夫ですよ。

 

そして、自分の体にあったブラジャーをつけることです。
正しくブラジャーをつけバストを支えて
バストが垂れるのを防ぎましょう!